サムイ島の交通手段(ソンテウとタクシー)

サムイ島の地図

サムイ島の交通機関(移動手段)

サムイ島の交通機関はソンテウ、タクシー、バイタク。
サムイ島の交通機関の特徴は、「島」なので何でも運賃が高いこと。
観光などの島巡り、人数が多ければ、ミニバス・チャーターが割安。
ホテルや街中の旅行代理店で、相談すると良いでしょう。

[ソンテウ]

ソンテウとはトラックの荷台に屋根とベンチを付けた公共のバス。
公共のバスといっても、車ごと個人営業なので、運行時間は一定して
いません。
「昼間のソンテウ」と「夜間のソンテウ」があり、車体の屋根のデザイン
が異なります。

昼間のソンテウ
朝6時~夕方5時半ごろまで運行。
運行ルートが決まっていて、通りのどこからでも乗れます。
料金は地元の人に前もって聴いておいて、釣銭のないように用意。
(500B、1000Bなどの高額紙幣は使えません)
運賃交渉の必要はありません。
降りるときは天井のブザーを押し、助手席側に回って料金を渡す。
料金の目安は、
初乗り(近距離) 20B
チャウエン-ラマイ 60B
ただし、旅行カバンや大きな荷物を持って乗ると、料金は倍です。
車体に書かれている行先と実際の行先が違うことが多々あるので、
行先(方面)を確認してから(尋ねてから)乗りましょう。

昼間のソンテウのルート
上のサムイ島の地図を見てください。
サムイ島の周回道路(地図の黄色の道路)とチャウエンやラマイの
ビーチロード、主要ビーチ間が、サムイ島のソンテウの主要ルート。
運行が頻繁なルートは、
チャウエン-ラマイ
チャウエン-ナトン
ラマイ-ナトン

になります。
チャウエンやラマイのビーチロード内の移動でも重宝します。
サムイ島のソンテウ・バス

夜間のソンテウ
タクシーと同じように客待ちしたり、道路を流しています。
行先を言って、料金交渉が必要。
運転手の言う料金は一人あたりの料金です。
料金の目安は、
初乗り(近距離) 40B
チャウエン-ラマイ 120B
ただし、乗客が少ないと発車しなかったり、料金を加算されます。
チャウエン-ラマイ、乗客一人なら300B請求されます。
それなら、タクシーと同等の料金ですね。

[タクシー]

TAXI METERと屋根に描かれてますが、大半はメーターを使いません。
行先を言って、料金交渉が必要。
メーターを使う場合は別途サーチャージ。
サムイ島のタクシー
料金交渉の目安は、
初乗り(近距離) 200Bから
チャウエン-ラマイ 300-400B
夜間は割増があります。

空港からはエアポートタクシーしか乗れませんが、
空港に向かうとき、このタクシーが利用できます。
料金交渉の目安は、
チャウエン→空港 300B
ラマイ→空港 600B

[バイタク]

バイク・タクシーのこと。
ビブスを着たお兄さんがバイクの後ろに乗せてくれます。
サムイ島のバイク・タクシー
料金はソンテウの倍程度。
オートバイに乗れないタイ人女性がよく利用します。

サムイ島のホテルを最低価格で安心予約

サムイ島のホテル予約は、最安値保証のホテル予約 agoda
アゴダをおすすめしています。

タイ、サムイ島で予約できるホテル数がいちばん豊富。
各ホテルのスイートなど上カテゴリーの客室もしっかり最安値。

日本語で簡単に、迅速に、その場でホテル予約ができます。
日本人担当者と日本語でメールやチャットができる点が心強く、
さらに、タイ現地に支社があって、日本語で対応しているので、
サムイ島のホテル滞在中も安心できますよ。

Agodaについて

●ホテル予約時の注意点
サムイ島のホテルは「ホテルポリシー」(子連れ滞在規定など)の変更が頻繁です。サムイ島のホテルを予約するときは、アゴダの各ホテルの予約ページで「ホテルポリシー」をご確認ください。