サムイ島のホテルmenu サムイ島のホテルsitemap

サムイ島の天気と気候


サムイ島の天気と気候
■サムイ島の天気と気候
 サムイ島はタイの南部、スラタニ県の沖合いに浮かぶ淡路島くらいの
 広さの島。
 サムイ島は「多雨期」の10月下旬〜11月以外は、1年を通して滞在が
 楽しめる気候の、常夏の島
です。

 サムイ島の天気の特徴は、サムイ島は「島」で「深い山」があるので、
 天気が変わりやすいこと。
 いきなり黒い雲が流れてきたと思ったら、激しいスコールで「雨宿り」、
 ということが、よくあります。

 サムイ島の気候は、もちろん、タイの気候に準じるので、大まかに、
 雨季と乾季(冬季・暑季)に分けられます。
 サムイ島の気候の特徴は、タイの本来の雨季に降雨量が少なく、
 バンコクなどの雨季が明ける10月下旬頃から1か月くらいの間に、
 まとめて雨が降ること
(この時期を多雨期または本雨期という)。

●雨季(5月中旬〜11月下旬) 昼間の気温30〜33℃ 夜間の気温25℃前後
 雨季とは「恵みの雨」のシーズン。たくさんの果物が市場にならび、
 南国の美しい花を、あちらこちらで目にすることができます。
 日本の夏と比べたら、湿度があまり高くないので過ごしやすい気候。
サムイ島の気候 サムイ島気候
1.雨季入り 5月中旬頃
 例年、雨季入りするとき、数日間、1日に数度の雨が降ります。
 最近数年の雨季入りは、この天気の崩れが少ない傾向です。
2.安定期 6月〜10月中旬
 「雨季入り」が過ぎると気候が安定します。ほぼ毎日晴れです。
 数日に1度、スコールが短時間(30分くらい)降ります。
 タイの雨季に雨が少ないのが、サムイ島の特徴。
 サムイ島はタイの雨季の避雨地として有名です。
 スコールの降る時間帯は、月ごとに少しずつずれていきます。
 海は穏やかで、シュノーケリングやダイビングのベスト・シーズン。

3.多雨期(雨期明け)  10月下旬〜11月下旬頃
 例年、1か月近く、豪雨が断続時に降る時期です。
 晴れ、雨と、天気は数日周期で変わり、風が強い気候です。

●乾季(12月〜5月中旬)
 乾季は、1年でいちばん快適な気候の「冬季」と、
 乾いて気温の高い気候の「暑季」に分けられます。

サムイ島の気候 サムイ島気候
1.冬季 12月〜2月 昼間の気温30℃前後 夜間の気温20℃前後
 「避寒地」として有名なサムイ島で、旅行者がもっとも多い繁忙期。
 多くの旅行者が、暑過ぎず、過ごしやすいサムイ島に滞在します。
 街はにぎわい、ディスコやクラブは深夜まで盛り上がります。
 寒さから逃れて快適な気候を望む方、お祭り好きの方に最適の時期。

2.冬季のシュノーケリングについて
 冬季(12月〜2月)は、風が強い季節、ビーチに波が押し寄せます。
 波のある日は透明度が悪く、サムイ島のビーチではシュノーケリング
 が楽しめません。
 冬季に、天候を気にしないで、シュノーケリングを楽しみたい方は、
 1年を通してシュノーケリングが楽しめる、ナンユアン島へ行くツアー、
 シュノーケリング・ツアーをおすすめします。
 2月中旬、乾季の中の暑季が近くなると、波がだんだんと穏やかに
 なり、シュノーケリング日和は、月の半分ほど。
 この頃から、サムイ島でも、日によってシュノーケリングが楽しめます。
 この時期のシュノーケリングは、外洋に面してないサムイ島の入り江。

3.暑季 3月〜5月中旬 昼間の気温35℃前後 夜間の気温28℃前後
 1年を通していちばん暑い、タイ人が「夏」と呼ぶ季節。
 雨はほとんど降りません。
 暑季から、サムイ島は、海のシーズンが始まります。
 暑季は、1年でいちばん海景色が美しく、写真に映える季節です。
 また、サムイ島の入り江で素潜りすると、魚影が濃い時期ですね。
 1年じゅう快適な海風の吹くサムイ島でも、この時期だけはエアコンの
 ある部屋に泊まりましょう。

●サムイ島の天気予報
 サムイ島の天気予報は、Weather Underground をご覧ください。

サムイ島のホテルを最低価格で安心予約

サムイ島のホテル予約は、最安値保証のホテル予約 agoda
をおすすめしています。
タイ、サムイ島で予約できるホテル数がいちばん豊富。
各ホテルのスイートなどの上カテゴリーの部屋もしっかり割引。
日本語で簡単に、迅速に、その場でホテル予約ができます。
日本人担当者と日本語でメールやチャットができる点が心強く、
さらに、タイ現地に支社があって、日本語で対応しているので、
サムイ島のホテル滞在中も安心できますよ。